就活失敗した文系ニートが一人前になるまで頑張るブログ

就職活動で失敗してどん底に落ちた中堅大学文系ニートが社会人として復帰するまで頑張るブログです。近況報告、映画、音楽、本、やってみた事等々書いてます。

ハロウィンという一大イベントで陰キャは女子と出会えるのか考えてみた 後編

 

 こんにちはッ!引きこもりニートでございます。

この記事は前回の記事「ハロウィンという一大イベントで陰キャは女子と出会えるのか考えてみた 前編」の続きになります。

初めての方はまずは前編からお読みください。

 

前編はこちら↓

hikikomori-bunkei-neet.hatenablog.jp

 

 

 

前回色々考えた結果のまとめ

では、まず前回の情報を整理したいと思います。

 

①仮装をしている女子達はほぼ全員様々な目的の延長線上にセックスアピールが存在すること

(※注 ここではセックスアピールをセクシーや魅力的な意味ではなくもっと直接的な意味で捉えております。言葉通りの意味だと思ってください。)

 

②女子と出会う狙い目の層は終電後クラブに残って騒いでいる女子もしくは2~4時頃に外で暇そうに行軍している女子であること

 

前回の記事でもっとも大事な情報はこの2つです。

この2つを理解していないとただただ空回りする可能性があります。

特に、陰キャの方は慣れていない事をするわけですからなおさら緊張や焦りが出ると思います。

緊張や焦りを感じ空回りし始めるとどんどんどんどん事態は悪化していきます。

また事態が悪化するだけでなくこういう時ほど時間が早く経っているように感じます。

まだ0時前で余裕があったはずなのに、気づけば2時・・・焦って行動し次に気づけば4時・・・散々空回りした結果ふと気づけば日が昇って外が明るくなっている・・・なんてことは陽キャの方だけでなくベテランのナンパ師の方でもよく経験することです。

 

なので、上記の情報をしっかり覚えておき緊張や焦りは仕方がないとしても出来るだけ空回りをせず効率の良い出会いを求めていくと良いと思います。

 

陰キャが女子と出会う方法

やっぱり読者の方が一番気になるのはこの部分ですよね。(笑)

ここでも僕なりにこうしたらいいんじゃないかというのを自分の経験も踏まえつつしっかり考えていこうと思います。

 

①まず自分の外見のレベルを知る

細かい部分は置いといて大雑把に自分がイケメンかそうじゃないかの見分けって簡単につきますよね。

大雑把でいいのでまずは自分がイケメンかそうじゃないか判断してください。

あと、体型は少し気にした方が良いかもしません。

太っている方は中肉中背ぐらいまで体重を落とした方が万人受けしやすいかもしれないです。

 

②フェイスメイクをしっかり行う

ハロウィンの最も良いところは仮装ができる点です。

普段着ないような服(コスチューム)も着ますのである程度なら体型もカバーできます。

つまり、女の子だけじゃなく男も普段とは違った自分を演出できるわけです。

ということなので、思い切ってがっつりメイクしちゃいましょう。

女の子がやるようなメイクをやっちゃっていいと思います。(もし僕だったら本気でメイクします。)

アイプチだったりリフトアップのテープ?だったり色々使って自分を最大限盛りましょう。

どっちみちゾンビメイクとか特殊メイクを施すので多少大げさにやってもおそらくばれないです。

メイクとかやりたくないって人はゾンビメイクや特殊メイクだけでもやっておいた方がいいと思います。

素顔で挑むのは自分の顔に自信のある方以外は極力避けたほうがいい気がします。

 

 ③事前に練習をする

 今年でいうと27・28日が金曜土曜だったはずです。

平日に騒げない人達はこの日に集まってどんちゃん騒ぐわけですね。

もし31日に活動できる人ならあらかじめ下見をしておくことをオススメします。

またこの時に下見で大きいクラブや居酒屋なんかにも立ち寄っておくとさらにいいですね。

この下見の段階では仮装は一切必要ないです。

いつも通りの服装でそのままの状態で仮装組に混ざって行軍してください。

そして、その行軍の途中で女の子達に話しかけて本番の練習をしてください。

話しかける言葉はなんでもいいです。

ハロウィンなので「ハッピーハロウィン」でもいいですし「可愛い仮装ですね。写真一緒にとってもらってもいいですか。」とかでいいと思います。

苦手な人ならイエーイって言いながらハイタッチとかでもいいです。

とにかく色んな人に話しかけて練習をしてください。

またその時に相手の反応をうかがって自分の外見のレベルを調べてみるのもいいかもしれません。

プラスでクラブ慣れしておくためにもクラブに一度入っておきましょう。

そしてそこでも女の子たちに話しかけて練習をしておくと完璧だと思います。

この練習をしておくことで僕たち陰キャは当日無駄な焦りや緊張を感じることなく無敵になるわけです。

 

④だめだと思ったらすぐ諦める・場所を変える

話しかけてみて相手が乗り気じゃないと感じたらすぐに手を引きましょう。

粘ってもいいことなんかないですし当日は延々同じ場所を行軍していて何度その子とすれ違うかわからないので悪いイメージよりかは良いイメージを相手に与えておいた方が得です。

当日は人がうじゃうじゃいるので1人2人だめでも気にすることないです。

安心してください。男女問わず人は腐るほどいます。

 また、場所を変えるというのはどういうことかというとクラブだったり飲み屋さんでの話ですね。

クラブの場合、全身仮装だと男でも入場料が大幅に安くなっている可能性があります。(クラブによっては無料になるところもあります。)

普段のクラブの入場料は大体2000円から3000円くらいだと思います。

この料金設定だと2∼3件クラブをハシゴしただけで諭吉1枚飛んでいきます。

なので大体の人は同じクラブにずっと居座る方が多いのですがハロウィンに限れば話は別です。

むしろ、入場料が安くなるのでいっぱいハシゴしましょう。

だめだと思った時点で場所を変えればいいんです。

失敗してもすぐに外に出て移動中にあったまった頭を冷やして、次はどうしようかと考えを練り直して深呼吸をして気持ちを落ち着かせて次に臨めば、結果は変わってくると思いますよ。

飲み屋さんでもハロウィン限定の価格でお酒を提供しているところなんかもあるので臆せず入ってみるといいと思います。

まとめるとハロウィンの日はとにかくフットワークを軽く軽くしておくということですね。

 

僕の場合だとどうするか考えてみる

僕は上記に書いた方法を全部実践します。(自分の考えなので当たり前といえば当たり前なんだけど。)

それを踏まえて、もし僕だったら終電前ぐらいから場所をクラブに変えますね。

この時にはおそらく女の子にある程度話せるようになっていると思うので、お酒をおごったりしながら出会うために攻めていくと思います。

1時半ぐらいから3時前ぐらいまでの時間になったら今度はもうちょっと直接的に攻めますかね。

酔った女の子も現れてくるでしょうしオブラートに包んでいた部分を少しずつ解放しながら攻めていくと思います。

そのまま4時台まで粘って4時半までに何の収穫も得られなければ仮装を落としてネカフェ・カラオケ・カプセルホテルに泊まるか帰宅します。

残っても仕方ないので次の日のことを考えればさっさと撤退するのが一番いいと思うので、僕の場合だとこんな感じでプランを立てて実行すると思います。

 

でも、多分1人でガチで仮装することはないと思います。

友達に誘われるか家族が出来てハロウィンパーティーでもしたらその時は仮装をするかもしれません。

 

まとめ

前編・後編と渡って記事を書きましたがいかかだったでしょうか。

全部読んでみると何か特別な事をするとかそういうのではないので人によってはそんなに中身のある話に感じなかったかもしれませんね。

ただ想像で記事を書いたわけではなく、僕が書いた2つの重要な情報や出会うために必要な上記の方法は、本当に僕が今まで経験した中でおそらくこうした方が女子受けがいいんだろうなー(もしくは実際に女子受けが良かった)と思った出来事を元に書いております。

でもそれを実践できてないので想像じゃねーか!と言われればそうなのですが。(笑)

実践しようと思ったら今年はもう終わったので1年後のハロウィンですね。

(僕は多分やりませんが)もしこれを読んだ女子と出会いを求めている陰の民やガチ陰キャ勢のために少しでもなってくれればいいなと思います。

 

今回も非常に長くなってしまいましたが以上で終わりたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。