文系ヒキニートの自堕落物語

就職活動で失敗してどん底に落ちた中堅大学文系ニートが社会人として復帰するまで頑張るブログです。近況報告、映画、音楽、本、やってみた事等々書いてます。

23歳だけど身長伸ばして高身長になれるかやってみた ~その4~ 

 

こんにちはッ!

引きこもりニートでございます。

 

 

年が明けてもう1か月が経とうとしています。

時間の流れは本当に早いですね~...。

 

最強レベルの寒波がインターバルを空けながら何度か訪れているおかげで寒さに一向に慣れません。

だいたい今ぐらいの時期から少しずつ暖かくなるのがいつもの冬なのですが今年は全然そんな感じがしませんね。

冬服もそれなりにあるはずなのに気づけばパーカーしか着ていませんでした。

本当に寒すぎます。

パーカー以外着れないです。

 

と、まあ前置きはこんな感じにしておいて、

遅くなってしまいましたがその4がどうなったのか今から報告したいと思います。

 

前回の記事はこちら(報告編は飛ばしてます)↓

hikikomori-bunkei-neet.hatenablog.jp

 

 

 

結果報告

ズバッと発表しちゃいます。

結果は・・・

 

現状維持

 

です。

 

ですが、最近不思議な事に気づきました。

 

あれ?なんか自分身長高くない?

と感じる時と

あれ?なんか自分身長低くない?

と感じる時があったのです。

 

原因はわからないです。

ただ、高いと感じる時は本当に高くなったような感じがしたのです。

逆に、低いと感じる時はあれ?自分この人と同じぐらいの身長だったっけ...というような感じがしました。

 

おそらくどれだけ伸び縮みが激しくても目線の高さが変わってしまうほど身長は変わらないはずです。

なので僕の感じ方に何かしら変化があったのだと思うのですが詳細は不明です。

 

 

ちなみに、前の記事でも書いたのですが朝に壁を使って何となくフィーリングで身長を測ってみると天井に頭がつくことが多いですね。

そして、夜に同じ方法で測ってみると2cmくらい縮んでいると感じることが多いです。

 

やっぱり伸びないんですかねぇ...。

これが中学生高校生だったら大きな変化があってもおかしくないのでしょうが、23歳で特に運動もしていないただのフリーターですからね。

骨端線云々の話もありますし、もしかしたらこのあたりが身長を伸ばす限界なのかもしれません。

 

今後の予定

とりあえず、伸びないにしてもその5とその6ぐらいまでは更新したいと思います。

ちなみにこのままいけばその6がこの企画の最終回になります。

まだ半年近くありますし、どうなるかはそれまでのお楽しみにということでお付き合いいただけたらと思います。

僕も限界を感じてきてはいますが何か変化が起こるかもしれませんしそれに期待しようと思います。

 

背の伸ばし方

基本的には前回のやり方でやっています。

ですが、最近は朝にも飛んでみようかなと思って飛べる時は朝も飛ぶようにしています。

 

前回のやり方はこちらです↓

 

①縄跳びを二重跳び×100回

プロテイン朝と晩に付属のスプーン3-4杯(約30g)を牛乳に溶かして飲む

 

これにプラスで朝も飛んでいるので

 

朝と晩に縄跳びを二重跳び×100回

プロテイン朝と晩に付属のスプーン3-4杯(約30g)を牛乳に溶かして飲む

 

という感じです。(青字が今回の追加部分です。)

 

 

あと、二重跳びのパフォーマンスを維持できるのであれば普通のジャンプでもいいと思います。

ただぴょんぴょんジャンプしているだけでは自然と手を抜いてしまうので、個人的に良いとはあまり言えないのですが、二重跳びをしているようなイメージでしっかりと上に飛ぶということを意識出来れば縄跳びを使わずジャンプでもいいと思います。

 

むしろ、縄跳びの紐が短かったり二重跳びを成功させることに意識を向かわせ過ぎて体が縮こまったりうまくジャンプができないということであれば、イメージのみを残してただ垂直ジャンプをこなすだけでも大丈夫だと思います。

 

まとめ

今回はアッサリとした記事になってしまいました。

収穫が少なかったので仕方ないといえば仕方がないことなのですが。(書ける事があんまりなかった)

 

一応次回の報告からこの企画を畳む方向で動きます。

次回の更新は4月~5月頃の予定です。

気になる方はまた3か月後のこのぐらいの時期にブログを訪れてみてください。

 

それでは今回はこのへんで終わりたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。