文系ヒキニートの自堕落物語

就職活動で失敗してどん底に落ちた中堅大学文系ニートが社会人として復帰するまで頑張るブログです。時事ネタ、やってみたこと、恋愛、近況報告、まとめ記事など色々書いてます。

超個人的今期アニメについての見解

 

 

こんにちはッ!

引きこもりニートでございます。

 

 

今回は今期アニメについて自分の感想や前期アニメと比較した感想などを書こうと思います。

僕のオススメアニメなども紹介するので是非参考にしてみてください。

 

決してネタ切れになったわけではありませんよ。決してです。

 

 

今期アニメの総評

2018年夏期アニメは2018年春期アニメと比べると当たり要素は少ないと思います。

ちなみに、当たり要素が少ないというのは内容が悪いということではありません。

 

個人的に春期アニメと比べて事前情報が少ないように感じました。

アニメ化について話題になったものが少なかったような気がします。

 

今期に関していえば、「何を見ようかな・・・」と迷うことが多々ありました。

見る前からワクワクするようなアニメが少なかったのです。

 

ですが、逆に考えたらワクワクする要素が少ない分、冷静にアニメの内容を見ることができます。

 

 

アニメをちゃんと見ていくごとに、「これは面白い。これは話題になった割にあんまり響かないな。」という判断が冷静にできるというのはとても良いことでしょう。

オタク冥利に尽きますね。

 

まとめると、

今期アニメは「瞬発力はないが長期的に見れば良し悪しがハッキリわかる」ようになっていると思います。

 

 

今期オススメアニメ

 

個人的にもっとも見てほしいアニメベスト3をここで発表しようと思います。

 

第1位 『あそびあそばせ

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20180805004236j:plain

(公式サイトから引用しています。)

 

女子中学生3人の日常を描いたコメディアニメです。

画像を見てもらえばわかるように画力はかなり高いです。

マンガの表紙などからは一見ギャグアニメとはわかりません。

非常に繊細なタッチの綺麗な絵を書かれています。

 

ですが、中身はとてもシュールです。

ギャグ要素もかなり多めでまさに「表紙詐欺」だといえます。

表紙や綺麗な絵からは想像もつかないほどの尖ったギャグをこれでもかと描いています。

 

非常に画力の高い綺麗な絵、そのタッチから生まれる圧倒的美少女、その外見とは裏腹に非常に濃い内容、シュールなギャグ、尖りに尖りきったギャグセンス。

このあたりが読者に受けて人気マンガとなり、そして今回アニメ化となりました。

 

原作の忠実度はかなり高いと思います。

声が入るのでイメージと違うと感じる方もいるかもしれませんが、僕としてはかなり原作に寄せている方じゃないかなと思いますね。

 

さらに、このアニメを1位に押し上げた理由がもう一つあります。

それはオープニング・エンディングの曲が非常に素晴らしいことです。

僕はオープニングの方が好きなのですが、エンディングもオープニングに劣らないくらい良曲です。

ちなみに

オープニングは「圧倒的美少女感」を全面に出した曲

エンディングは「秘めたるダークな一面」を全面に出した曲

となっています。

曲調は全く別物です。

ですが、どちらも頭に残るレベルの曲となっています。

 

どちらの曲もアニクラでガッツリかかりそうな曲ですね。

素晴らしい非の打ち所がないアニメです。

 

細かい身内ネタ的な要素もほぼ無いので誰でも楽しく見ることが出来ますよ。

見たことがない方は是非一度見てみてください。

 

第2位 『バキ 最凶死刑囚編』

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20180805010501j:plain

毎日新聞の記事より引用しています。)

 

今回のバキは読者からも非常に人気の高い最凶死刑囚編をアニメ化したものになります。

アニメ化しているからですかね。

以前もバキはアニメ化されているのですが、今回のバキはそれらを見なくても話がわかるようになっています。

 

格闘技が好きな方であれば今回のバキはめちゃくちゃアガる内容になっています。

バトルシーンもバキ独特の描き方はもちろんのこと、エグい部分もガッツリ表現しています。

 

バキ好きな人は特に要チェックですよ。

以前のバキとはかなり違うと思いますから。

 

めちゃくちゃ面白いですし今風のアニメの作りになっているので、以前のバキが見れなかった人でも見れると思います。

 

個人的に放送前から話題になっていてその話題に応えるくらいクオリティの高い作品に仕上がっていると思ったので2位とさせていただきました。

 

第3位 『ハッピーシュガーライフ』

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20180805011942p:plain

(公式サイトから引用しています。)

 

正直なところ、第3位は迷いました。

働く細胞とかぐらんぶるにしようかとかカードキャプターさくらにしようかとか中間管理職トネガワにしようかとかハイスコアガールにしようかとかとにかく迷ったのですが今回はハッピーシュガーライフにさせていただきました。

 

このアニメは上の画像を見てもらうとわかるように1人の少女と1人の女の子の純愛ラブストーリーのように見えるのですが、実際はそうではありません。

 

純愛モノということに変わりはないのですが、なんとこのアニメのジャンルは「ホラー」です。

 

どういうことかというと、

登場人物がほぼ全員狂人です。

 

全員なかなかの狂気っぷりを見せてくれます。

特に、上の画像の左の女の子は主人公なのですが、この子の狂気っぷりが凄まじいです。

 

一見純愛モノっぽいのに中身は狂人いっぱい狂気たっぷりというサイコホラーアニメに仕上がっていて、僕はこのギャップに完全にやられました。

 

このアニメもすごく面白いのでおすすめですよ。

特に、関西圏にお住まいの方ならMBSのアニメイズムで『ハッピーシュガーライフ』→『ぐらんぶる』→『ハイスコアガール』と良作3本が続けて見れるので、是非アニメイズムごとこれらの作品3本を楽しんでみてください。

 

 

まとめ

アニメはとても良い物ですね。

僕は思春期の頃からアニメ全盛期と共に成長してきましたから、思春期が終わって大人になってもやっぱりアニメのことになると少しワクワクしてしまいます。

 

全盛期と比べると今は勢いが落ちてきたように感じますが、それでも良作はたくさん生まれています。

アニメを見たことがない方も僕のこの記事を読んだ是非この機会に一度アニメを見てみてはいかかでしょうか。

 

ディープな世界なので一度沼にハマってしまうとそこから抜け出すのは中々難しくなりますが、アニメもいいものですよ。

 

今回はこの辺で終わりたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。