文系ヒキニートの自堕落物語

就職活動で失敗してどん底に落ちた中堅大学文系ニートが社会人として復帰するまで頑張るブログです。時事ネタ、やってみたこと、恋愛、近況報告、まとめ記事など色々書いてます。

【DAOKO】セカンドアルバム「THANK YOU BLUE」についてレビューしてみた

 

 

今回はDAOKOさんのセカンドアルバムである「THANK YOU BLUE」の音源を手に入れたので、それのレビューをしていこうと思います。

 

かなり前に全曲視聴動画を一度見て、「このアルバムはゲットしたいなー」と思っていたのです。

それだけ良曲が数多く収録されているような予感がしたので。

たまたまですがすごくラッキーでした。

 

「THANK YOU BLUE」について

このアルバムはDAOKOさんのセカンドアルバムになります。

DAOKOさんが有名になったキッカケでもある『打ち上げ花火』や岡村靖幸さんとのコラボ曲である『ステップアップLOVE』など、有名な曲やタイアップ曲などのほとんどはこのアルバムに収録されています。

それ以外の人気曲も収録されています。(というか人気曲しか収録されていないかも)

内容量は、大を越えて特大ボリュームといった感じですね。 

 

こちらに全曲視聴動画のリンクを貼っておきます。↓

まずはこの動画を視聴してみてください。

www.youtube.com

 

ちなみに、この音源をゲットすることが出来て本当に良かったと思いました。

どの曲もいいんですよ。

偏った曲調の曲もないですしどの曲にも良い部分があります。

ここまで良曲が揃っているアルバムをゲットできたのは、最近だとBABYMETALの「BABYMETAL」というアルバムをゲットした時以来ですね。

本当に良曲しか入っていないのでオススメです。

 

 

個人的良曲のススメ

ここでは収録されている曲の中でも「これ良かったぞ!」という曲を紹介しようと思います。

(有名曲は多分触りません。良い曲だということはみんなわかりきってると思うので。)

 

03.「Juicy

多分この曲はアルバムを購入するかライブ等じゃないと聞けない曲だと思います。

「打ち上げ花火」、「ステップアップLOVE」と続く3曲目なのですが、この曲は味があって非常に良いのです。

個人的には有名曲が2曲続いたあとの「隠れ良曲」だと思います。

 

歌詞は結構めちゃくちゃなことが書かれています。(一言目「レインボーゲロ」から始まります。)

ですが、曲調が非常にポップです。

juicy」というタイトルも関係しているのか、ポップさの中にみずみずしさや炭酸ジュースのようなフレッシュさを感じる一曲となっています。

聞いててとても心地良い曲ですね。

曲調とDAOKOさんの歌声もマッチしていて可愛くてポップな曲に仕上がっています。

 

05.「ShibuyaK」

イントロから90年代っぽさが感じられる曲です。

ですが、それだけではなくDAOKOさんの綺麗な歌声と相まって神秘的な曲に仕上がっています。

特に、サビの「SHIBUYA KOSATEN」のところはリバーブ?がかかっているのかわからないのですが、すごく心地良く響いてきます。

非常に綺麗な曲に仕上がっています。

 

06.「BANG!」 

 今までの曲とは一風変わった曲になります。

曲調、イントロからアウトロ、サビ、MVの何から何までDAOKOさんの可愛さが表現された一曲です。

とにかく可愛さにステータスを全振りしたような一曲となっています。

今までのDAOKOさんの曲の中でもこの曲は割と珍しい曲じゃないですかね。

こんな感じの曲は無かったと思うので、オススメの隠れ良曲としてピックアップしました。

 

10.「GRY」

この曲はアルバムに収録されている曲の中でも一番ヒップホップに近い曲だと思います。

曲に使われている音も少なめで曲調もシンプルです。

そこにDAOKOさんの歌声が重なり、非常にDAOKOさんの歌声が際立って聞こえます。

曲を歌っているというよりかは、ビートに合わせてDAOKOさんが歌っているというような感じに近いかもしれません。

この曲も隠れ良曲で他の曲と比べるとちょっと短めなのですが、オススメな良曲です。

 

 

まとめ

今回はDAOKOさんのセカンドアルバム「THANK YOU BLUE」がとても良かったので、その記事を書きました。

DAOKOさんは有名になる前のインディーズの時の曲などもあるので、気になる方はYouTubeニコニコ動画などで聞き漁ってみるのもおすすめですよ。

 

今回はこの辺で終わりたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。