文系ヒキニートの自堕落物語

就職活動で失敗してどん底に落ちた中堅大学文系ニートが社会人として復帰するまで頑張るブログです。時事ネタ、やってみたこと、恋愛、近況報告、まとめ記事など色々書いてます。

洗顔ネットを超える?最強の洗顔料泡立て器『awa hour(あわわ)』とは

 

 

先日肌荒れについてネットで調べていたら、たまたまこんな商品を見つけました。

 

見つけた瞬間「コレだ!!」と思い、即ポチりました。

これは何かというと洗顔料の泡立て器なのです。

洗顔料を泡立てる物は洗顔ネットしかないと思っていた僕にとっては、まさに衝撃の出会いでした。

 

昨日届いたので早速使ってみたのですが思っていた通りかなり良かったです。

では、簡単にですがこの商品を紹介します。

 

 

awa hour(あわわ)とは

あわわとは何ぞやという人のために簡単に説明しますと、あわわは洗顔料の泡立て器です。

棒の付いたフタが取れるようになってまして、そこのフタに洗顔料や石鹸をつけて容器の中でシュポシュポと棒を上下に動かすとドンドン泡が出来てくるという仕組みの泡立て器です。

(言葉だけだとよくわからないという人はAmazonの商品ページに商品の使用動画があるので一度チェックしてみてください)

 

 

awa hour(あわわ)の良いところ

一番わかりやすいのは

洗顔ネットとは比べものにならないくらいきめ細かな泡を作ることができる

②石鹸・洗顔料の節約が出来る

洗顔ネットよりも長持ちする

 

の3つです。

 

①は使ってみるとすぐ実感できて感動しますよ。

洗顔ネットを使ってガシャガシャ頑張って泡立てても、泡は出来ますがそこまできめ細かい泡ができるのかといわれたらそんなことはありません。

泡はちゃんとできるので洗顔ネットの限界が多分そこなんですよね。

ですが、このあわわは洗顔ネットの限界をさくっと超えてきます。

あわわを使ってできた泡はめちゃくちゃ濃厚できめ細かくずっしりとしてるんですよ。

よくCMなどで見る「手を逆さにしても落ちない!」みたいな泡があっさりと作れます。

あと、濃密な泡が容器いっぱいにできるので泡パックとかなり相性がいいですね。

洗顔ネットの時よりも綺麗に洗顔できているように感じました。

 

②についてですが、

正直洗顔料をいっぱい使っても少なめにしても特に泡自体に変化はないように感じました。

容器がヌメッとしていたので1度試しに使ってみながら容器を洗おうと思い、その時は石鹸をたっぷりつけていました。

ですが、泡のできる量などに違いはなかったです。

容器いっぱいに濃密な泡ができますが容器以上に泡ができることはないです。

また、密度も特に違いは無いように感じました。

なので、1回の使用で石鹸であれば軽く2こすり半洗顔料であればいつも使ってる量の半分くらいでいいと思います。

ちなみに、この量でも容器いっぱいに泡ができます。

足りなければもう1回その量をフタに付けあわわで泡立てたら、簡単に泡を足すことが出来ます。

ずっと使用し続ければ、洗顔ネットで泡立てるよりも結構節約できると思います。

 

③に関しては、

洗顔ネットは最初は分厚いのですが、使用していくにつれだんだんと薄くなり最後には破れてしまいます。

大体3か月くらいで交換だと思います。

ですが、あわわは3か月くらいで壊れそうな気配はないですね。

普通に使用していれば1~2年くらいは使えそうな感じです。

 

 

洗顔料泡立て器は百均に売ってる?

調べたところによると、ダイソーには「ほいっぷるん」というあわわと似たような商品が発売されているらしいです。

僕は全然気づかなかったのであわわを注文しましたが、もし近くにダイソーがある人で「ほいっぷるん」が売っていたらそちらを購入してみてもいいと思います。

確実に洗顔料泡立て器は洗顔ネットよりも良いので、見つけたらぜひ買ってみてください。

 

 

まとめ

今回はあわわという商品について記事を書いてみました。

気になる方はぜひ調べてみてください。

購入を検討する人はあわわをそのままポチってもいいと思いますし、一度ダイソーなどの百均で「ほいっぷるん」のような代替商品を探してみてもいいと思います。

 

それでは今回はこの辺で終わりたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。