文系ヒキニートの自堕落物語

就職活動で失敗してどん底に落ちた中堅大学文系ニートが社会人として復帰するまで頑張るブログです。時事ネタ、やってみたこと、恋愛、近況報告、まとめ記事など色々書いてます。

手軽に作れて持ち運びにも便利!カフェインが苦手な人向けカフェインレスのおすすめインスタントコーヒー10選

 

 

今日コーヒーをよく飲まれる方は非常に多いと思います。

実際僕もよく朝や夜なんかに一杯飲むことが多いです。

 

ですが、コーヒーには「カフェイン」という神経を興奮させる作用や利尿作用をもつ成分が含まれています。

カフェインの取り過ぎによる「カフェイン中毒」という言葉もあるくらいですから、過剰に摂取することはおすすめできない成分です。

しかし、コーヒーにはカフェインが含まれているので本当はあまり飲まない方がいいか飲んでも1杯程度に抑えておく方がいいです。

でも、コーヒーが好きな人ならもっとたくさん飲みたい!と思う時ってありますよね。

そんな人におすすめなのが「カフェインレス」タイプのコーヒーです。

 

今回は、「カフェインレス」タイプのコーヒーでさらに手軽に飲むことができるようにインスタントタイプのおすすめコーヒーを10個紹介したいと思います。

 

カフェインレスにも色々種類があるのでその違いを説明する

日本での総称は「カフェインレス」コーヒーですが、実はカフェインレスコーヒーにもカフェインレスノンカフェインデカフェといった種類があります。

この違いをよく知らなかったり言葉自体になじみがないという人もいると思うので、ここでは簡単にその違いについて説明しておきます。

カフェインレス
元から飲み物自体に含まれるカフェインが少ないもの。
デカフェ
元からカフェインが含まれている飲み物からカフェインを取り出すためカフェインが少なくなったもの。
味や香りは元のものと異なると言われている。
ノンカフェイン
元々カフェインが全く含まれていないもの。

 と一般的には認識されています。

場合によっては、デカフェという言葉を使わずカフェインレス・ノンカフェインという2種類で分けている場合もあります。

味や香りが少し変・まずいと感じてしまうのは、デカフェのようにカフェインを除去する工程を挟んでいるからだと言えます。

というわけで、それぞれのカフェイン量についてわかりやすく表すと、
カフェインレス>>デカフェ>>ノンカフェイン

となります。

 

マウントハーゲン オーガニックカフェインレスインスタントコーヒー

原産地がドイツのインスタントコーヒーで高地有機栽培のアラビカ豆100%ブレンドです。

ゆっくり丁寧に行われるローストと自然なカフェイン除去プロセスにより豊かな味と香りをそのまま残すことができています。

カフェインはほとんど除去されていますが、コーヒー本来の味と香りをしっかり残したこの製品は、コーヒーを嗜む舌が肥えた人の口を満足させることができる味ですね。

香りはコーヒー独特な香りでビターでスモーキーな印象です。

他のインスタコーヒーにあるような後味の濃さはなく、さっぱりとした淡白な風味になっています。

普通のインスタントを飲むときに感じるような「エグさ」があまりありません。

ミルクを入れて飲むと格段にまろやかな味わいに変化します。

入れる前と後では全然口当たりが違ってきます。

また、他のカフェインレスコーヒーよりもコクが深く、冷めても雑味・苦味が強まらないのが特徴です。

カフェインレスコーヒーながら味のバランスが非常に良く香りやコクもあるという感じですね。

「カフェインレスコーヒー」というジャンルでインスタントコーヒーを楽しみたいのであれば、絶対に外してはいけない銘柄がこれです。

何を購入したらいいかわからないという場合はまずこの銘柄を購入すれば間違いなしですね。

評価も非常に高く、Amazonの評価数も圧倒的に多いです。

どれを購入したらいいかわからない人は、まずはこの銘柄を購入してから自分の好みの味を探してみてもいいですね。

 

カフェダイレクト インスタントコーヒー デカフェ

味に一切の妥協をせずにカフェインをカットしたカフェインレスのインスタントコーヒー。

丁寧にデカフェ加工を施されたオーガニックのアラビカ種のみを使用しています。

芳醇な香り、リッチで本格的なフレーバー、そしてシルクのような口当たりが特徴です。

まろやかでキャラメルのような味わいを感じることも。

苦味と酸味もバランスがよくて、ブラックでも牛乳を入れても砂糖をいれてもおいしいです。

amazonではそこまで人気がないですが、デカフェコーヒーの頂点として最も良いのではないかとひそかに語られている商品です。

マウントハーゲンで満足できないという人はこちらの銘柄を購入してみるのもいいと思います。

 

UCC おいしいカフェインレスコーヒー

ブラジル産アラビカ豆を100%使用。

コーヒー豆が持っている本来の味や香りを逃さずに、生豆からカフェインだけを除去する「液体二酸化炭素抽出法」を採用しています。

そのため、コーヒーのおいしさをそのままにカフェインを97%もカットすることに成功しています。

コーヒー本来の豊かな香りや味にこだわった上質でコクのあるやさしい味わいが特徴です。

苦味とコクのバランスもほどよく口に残る渋みもなく酸味も少なく非常に飲みやすいです。

普通のコーヒーと違いがわからないほど質の高い味ですね。

インスタントコーヒーなのですがインスタントコーヒーのように感じないという意見が多い銘柄です。

 

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

自然な水の力だけを使う独自の製法で、カフェインを97%カットしたカフェインレスコーヒー。

微粉砕されたコーヒー豆の粒により、コーヒーの豊かな香りとコクを簡単に楽しむことができます。

ネスカフェゴールドブレンドと一切変わらない味が特徴です。

カフェインレスバージョンですが、少しさっぱりとした感じがするものの香り・味ともに劣化は感じられません。

マイルドな味わいと上品な香りで飲みやすいです。

 

クライス カフェインカットのおいしいコーヒー

厳選された「アラビカ種コーヒー豆」を使用。

カフェインの除去は化学薬品を一切使用しない超臨界二酸化炭素抽出法で行っており、コーヒー本来の風味を損なうことなくカフェインを「99.7%」までカットしています。

コーヒー本来の酸味・香りが程よく調和した逸品です。

まろやかな味わいでコクがありますが酸味が強いのが特徴です。

酸味が強めだが、コーヒーとしてのバランスはよく、酸味が好きな人はハマってしまうくらい上質な味です。

人によってはカラメルのような風味を感じる人もいるみたいですね。

香りやコクは普通のコーヒーと変わらなくあっさりとした飲み心地です。

 

 

澤井珈琲 コーヒー専門店の特選インスタントコーヒー カフェインレス

メキシコの高級珈琲豆を100%使用。

コーヒーの専門店である澤井珈琲から手軽に楽しむことができるカフェインレスタイプのインスタントコーヒーが登場しました。

コクと香りが抜群で軽い口当たりで飲みやすいあっさりしたコーヒーです。

上品な味で普通のコーヒーと変わらず美味しいです。

酸味が少ないのが特徴です。

 

テスターズチョイス デカフェ

「テスターズチョイス」はコーヒーの代名詞として、沖縄の皆さまに長く愛されてきました。

アメリカや沖縄でコーヒーといえばこのブランドの豆を使用した物も多いです。

アメリカや沖縄で飲んだコーヒーの味が忘れられないというような場合、もしかしたらこのコーヒーかもしれません。

今回と利上げるのはそのコーヒーのカフェインレス(デカフェ)版です。

まろやかにひろがる味と香り、すっきりとした後味が特徴です。

少し酸味が強めですが、マイルドで飲みやすい味です。

 

まるも タンポポコーヒー

「まるも タンポポコーヒー」は、タンポポの根を主原料に、黒大豆、赤小豆、野草を加えた、バランスの良いカフェインレスコーヒーです。

たんぽぽコーヒーはタンポポティーともよばれ、ヨーロッパでは古くから飲まれている飲料です。

厳密には完全なコーヒーではなくコーヒーのような風味の飲み物なのですが、コーヒーと同じクロロゲン酸が含まれており、その見た目、風味、香りがコーヒーに近いことから「たんぽぽコーヒー」と呼ばれています。

麦茶とコーヒーの中間のような味で、コーヒーのようなお茶でありお茶のようなコーヒーであるという例え方をする人もいます。

総じて、穀物、草のような味という意見が多かったように思います。

あまりコーヒーという先入観をもって飲まない方がびっくりせずいいかもしれません。

完全なノンカフェイン(豆を使っていない)なのでコーヒーの代用品として楽しむといいですね。

ブラックで飲まずに砂糖やミルクを入れてカフェオレ風味にするのもおすすめです。

 

生活の木 チコリーコーヒー キャラメルフレーバー

チコリーコーヒーは「チコリー」という植物の根っこの部分を乾燥させたものを焙煎させた飲み物です。

チコリーの苦味の中にほのかにキャラメルの香りが漂うブレンドです。マイルドで飲みやすく、デザートのように楽しむことが出来ます。

匂いを嗅ぐとまず最初にスパイシーな香りが来て、次にキャラメルの甘い香りがほのかに漂ってきます。

あっさりとした味わいで後味がとても良いのが特徴です。

香りがとても良いのでブラックでもおいしくホットやアイスにしてもおすすめです。

 

ミトク ビオピュール 有機穀物コーヒー

ビオピュールの有機穀物コーヒーは、ポーランドの豊かな自然に育まれた、有機ライ麦有機大麦麦芽有機大麦、有機チコリ、有機いちじくを使用したカフェインレスコーヒーです。

代用コーヒーなのでカフェインは含まれておらずノンカフェインです。

穀物のやわらかな香りと苦味を感じることができ味はさっぱりめです。

コーヒー独特の苦みや深み、コクはありませんが、コーヒーに近い味が楽しめる商品です。

 

終わりに

今回はカフェインレスのインスタントコーヒーについてまとめてみました。

最近だとコーヒー専門店以外にもカフェインレスタイプの豆を扱っている所は徐々に増えてきています。

amazon楽天で購入することができる商品をまとめましたが、銘柄はそれだけではないので気になる人はぜひ自分が住んでいる所の近所でも豆が売っていないか探してみてくださいね。

 

それでは、今回はこの辺で終わりたいと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。